津山きもの学院 草木香名和の館

Kana Kusaki wanoyakata

バラが咲いた、バラが咲いたピンクのバラが・・・

2014-11-28

なついに和の館に古くから有ったバラが咲きました。おお客様から写真撮らせてくださいと仰っていただき、しっつかりポーズ      笑う(^O^)今日もき素敵な良いお客様が十人位来てくださいました。感謝、感謝です。ま先ずは念珠の扱い方をご説明。お釈迦様が念珠を持った方が良いと仰った?とか、108の煩悩=無限、親の愛も無限。なので親玉(父母の珠)をクロス(∞)して左の親指と人差し指の股に挟み、帯の上の高さ辺りで持ち、拝むときも房を上にしたまま拝みます。宗派によるので各檀家寺に確認してくださいと、おねがいします。念珠はけして、畳、床に直接置かない。必ず念珠袋かハンカチの上に置きます。足で踏んでいる不浄な所に直接置かない事をお願いします。必ず子供、孫にもお伝え頂くこともお願いしています。DSC_0668DSC_0671

じゃらんバナー
アソビューバナー
沈香バナー
ハンドクラフトバナー
十二単着付けバナー
珊瑚ネックレス
参勝祭バナー

草木香名のブログ

和の館とは

和の館とは
和装品などを通じて和の文化を継承します。
草木香名
日本の伝統文化のすばらしさを広げます。
男女守-おまもり-
褌の文化を継承していきます。
草木香名和の館リンクバナー