津山きもの学院 草木香名和の館

Kana Kusaki wanoyakata

三日目 初夢いかがでしたか?

2015-01-03

DSC_0785わたくしは、やはり和の館でした。戦前まではお正月には留め袖でお迎えしていました。

大笑い皆様とと笑ってお話しさせていたいだいておりました。ここんな衣装でした。

門松は松竹梅ですが、松=待っ   竹=一族     梅=神様、ご先祖様

すなわち一族門角に立って、神様ご先祖様を待っ事でした。

ご先祖様も盆正月、彼岸はこちらに帰していただけるのだそうです。

お正月は、この世の新年、節分は神様のお正月と当然祝い事ですから主は紋付き、奥様は留め袖、娘は

振り袖でお迎えします。せ戦後この様な風習も風化されつつあります。、DSC_0781 DSC_0782 DSC_0783

じゃらんバナー
アソビューバナー
沈香バナー
ハンドクラフトバナー
十二単着付けバナー
珊瑚ネックレス
参勝祭バナー

草木香名のブログ

和の館とは

和の館とは
和装品などを通じて和の文化を継承します。
草木香名
日本の伝統文化のすばらしさを広げます。
男女守-おまもり-
褌の文化を継承していきます。
草木香名和の館リンクバナー