津山きもの学院 草木香名和の館

Kana Kusaki wanoyakata

女紋について

2015-10-26

今日のお客様との会話。

とても単純にすると婚礼、葬儀の時、

嫁と姑、小姑との識別が一目瞭然と言うことです。

家紋は基本的に男性用所謂何々家と言うことです。

それにたいして女紋は代々母方のものを継いできているのです。

お母さんは実家のお母さんの紋。

実家のお母さんもその又実家のお母さんの紋ということです。

 

ですから留袖、喪服とも女の人が揃っていても、

紋を見れば誰と誰が母娘、義母と嫁がわかります。


又、昨今、子供の産着、節句飾りの紋も問題があります。

基本的には実家の家紋を入れます。

昨今呉服屋さんもおもちゃやさんも嫁ぎ先の紋を

薦めている場合が多いようですが、

嫁ぎ先の紋は実家が用意できない時、

嫁ぎ先が用意しました。

と言うことになるんです。

日本はやはり家と家と言うことが大切だったようですね。


結婚が個人と個人となったのは戦後です。

誰と誰の子で、誰と家族、親族でその中で育て育まれて成人し、

結婚相手と出逢い、誰と誰の家族となり、誰と誰と親族になるかは、

切っても切れないものなんですね。

 

日本の戦は一族は悲しいことですが、家来、そこに住んでいる人

全員は殺さなかったのです。

やはり私たちの体には気の遠くなるような御先祖様がおられます。


出来れば日本の文化が語り継がれることを望みます。


まだまだ沢山このようなことがあります。

先輩のFBの皆々様ご教授下さいませ。
宜しくお願い致します。

 

じゃらんバナー
アソビューバナー
沈香バナー
ハンドクラフトバナー
十二単着付けバナー
珊瑚ネックレス
参勝祭バナー

草木香名のブログ

和の館とは

和の館とは
和装品などを通じて和の文化を継承します。
草木香名
日本の伝統文化のすばらしさを広げます。
男女守-おまもり-
褌の文化を継承していきます。
草木香名和の館リンクバナー